販売されているものを使用しての育毛



育毛剤には、医薬品と医薬部外品の2種類があります。 医療用医薬品は、配合されている有効成分の効果がしっかりと認められている薬のことで、医師の診断と処方箋が必要です。 重篤な副作用等の危険を回避するのがその目的です。 一部の国では、処方箋なしで薬局等で購入可能な場合もあります。 それらの国から個人輸入で入手すれば、医師の診断なしで利用できます。 しかし使用は全て自己責任になりますから、それなりに服用前にはメンタル面でも覚悟はどうしても必要です。 第1類医薬品は、店頭で購入可能です。 消費者に対する情報提供の必要度の程度によって、第1類〜第3類まで分かれています。 第1類は、副作用等に対する注意が必要なことから、薬剤師が常駐する店舗でしか購入できません。 現状では第2類は、薬剤師または販売登録者からのみ購入が可能です。


育毛と副作用



副作用など、安全性に注意が必要です。 特に注意が必要なものは、「指定第2類医薬品」と呼ばれています。 第3類医薬品は、安全性に多少の注意を要する物という事になってきます。 医薬品で通信販売が認められているのは、第3類医薬品のみです。  医薬部外品とは、効果が認められている成分を含むものの、必ずしも効果が得られるものではないもの、効果を期待できるわけではないものをさします。 頭皮に塗布する育毛剤は、ほとんどすべてがこの中に含まれる事になります。 通信販売で購入できるものも少なからず探せばあります。 これを扱う事に対してどうしても否定的な見解もあるようですが、育毛剤には複数の成分を配合して製造されるものであり、単一成分のみで評価が分かれる成分であっても、組み合わせたことによる評価は、容易には図れないものと言えそうです。 つまり普通に商業ビジネスとして成り立っている以上日本ではなかなかそれが今日の現時点では法律では認められてないものでもある程度収めるものを納めたら台乗馬な感じがあります。

傷んだ頭皮を改善させて育毛しよう
医薬品の育毛剤
眠る事と育毛の関係性